読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

ミュージカル ヘタリア〜Singin' in the World〜 ※追記あり

述語

開演幕前、銃が置いておりまして、最後にはパスタが置いてあります。

吉谷光太郎 on Twitter: "#ヘタミュ 千秋楽盛り上がったようですね。当日券すごい倍率だったようで。ご来場頂き誠にありがとうございました。 開演幕前、銃が置いておりまして、最後にはパスタが置いてあります。今回の作品のテーマ、 皆様の心に何か届いていたら幸いです。 では、若き戦友たちと乾杯してきます。"

脚本は年表どおりという感じで

登場人物の関係性が変わるとか、大きな変化や成長を遂げるというものではなかったように思います。脚本の起伏のなさがちょっと中盤以降だるかったかな…。
その分、ミクロな部分がメインの見物だった気がする。原作の「わちゃわちゃ感」とでも申せましょうか。
露仏がウォッカの携行缶とデミカップで乾杯してたー!みたいな所です。
それはもう本当に可愛いかっこいい面白いの大盛りで、すごく楽しかった。

不思議なくらい出演者全員の良い所ばかりが見えて、「やめろよ!好きになるだろ!!」でした。
キャラショットが出たときに、衣装とヘアメイクがすごく良く出来てる!(あんなにはっきり発色するコンタクトで度入りって、今はあるんですかね…)と思っていましたが、セットと大道具、小道具もとっても凝ってて面白かったです。
高さ2m以上あるセットが役者さんを乗せたまま動くの、すごくわくわくしました。

最初に書いたような、ミクロな可愛い所を書き出すと本当にきりがなくなってしまうので、感想を書くのが難しいのですが。
ミュージカルのご出演が今年の1月以来だったので、11カ月ぶりに歌って踊っているところを観られて、良かったです。M2楽しかった。カーテンコールで公式グッズの旗を振れるのもすごく楽しかった。
Rockなイギリスさんの曲かっこよかった。曲に入る前の日本との台詞のやりとりも面白かっこよかった。
曲の途中でいなくなって、突然スライディングで再登場してシャウトする勢い、最高だった。回を重ねるごとにシャウトのエコーが強くなっていった…ここが見せ場…!笑
そして、肉じゃがの歌(ビーフシチューを日本海軍がアレンジしたのが肉じゃがの元祖という話…肉じゃが - Wikipediaをネタにした曲)
のイギリスさんがお気に入りでした。可愛いの権化…。

千秋楽では日本さんがお皿に本当にたっぷりよそってあげてるのが見えて、「今日はたくさんくれるんだな」というやりとりのあと、イギリスさんはちょっと口に入れてすぐ噴き出して笑、
そのあと割烹着を着たクッキングアイドル日本さんが、ビーフシチューという名の肉じゃがの作り方を歌に乗せている間、お皿の中身を客席に見せていて。
それが赤く染まった白滝に見えたんですよね…イギリスさんの歯も赤くなってた気がするんですよ。赤くする意味?笑

私は原作を今までちゃんと見たことはなくて、そういう状態からいわゆる2.5次元舞台を見るのが面白かったです。
なんとなく、イギリスといえば紳士のイメージだったので、ずいぶんRock押してくるんだな!そして乱暴なんだな!でも可愛いな!笑という印象でした。
「原作という正解」を踏まえたうえでの舞台化、のことをインタビューで話されていましたが*1、その正解を知らずに観ている観客もいるし、その正解を大切に胸に抱えている観客もいるわけで。
劇場で起きているのは、観る側(複数形)と観せる側との折衝なんだなあと感じました。
カーテンコールで、丁寧に綺麗なお辞儀をしてから、ちょっと斜に構えて不敵に笑いながら片手をポケットに入れる、あれが「ミュージカルのイギリスさん」なんだろうな。

そして、役の影響があったり、集中していたりで、演じている自分が役に塗りつぶされるという話をインタビューでされていたのですが*2、今回は久々に、本篇もカーテンコールも、明るい顔が見られたなあという感じでした。
ハッピーな作品でした。

来年の舞台から

映像が出てました。

雰囲気あってすごくいいと思います。うー楽しみだ。



(1/3追記)
全体としては、可愛い!かっこいい!ハッピー!の気持ちで帰れる舞台でしたが、所々「歴史」というものに胸を押さえられる感覚がありました。
初見で、ポーランド侵攻のシーンを「エグいな…」と思いました。明るい曲調で、目的に向かってなすべきことをなすドイツ兵士の、精気みなぎる場面です。でも観ている21世紀の私は、そのあとの世界大戦を、ユダヤの人々のことを、知っている。そのことと、舞台で溌剌と輝く俳優のギャップに、ちょっと目眩がしました。
同じように、WW2終盤に「アメリカさんに押しかけられて身動きが取れない」という日本のシーンも、かなりウッと来ました。真珠湾、報復、空襲、空襲、空襲、原爆。そういうことがあったって知ってる。それなのに舞台の上では、「イケメン俳優」が二次元キャラの格好で、可愛いこたつのセットで、二人して楽しい日替わりの掛け合いをしている。
なんだろうな、嫌悪感はなかったです。
でも「清濁併せ飲む」というほど、そのまま受け入れられるものでもなかったです。
これがヘタリアという作品の真骨頂なんでしょうか…(今さら気づく)。

閑話休題
赤こんにゃくは実在した(でも肉じゃがに入ってたのはこれじゃなかったような…?)
http://www.norimatu.com/index.html

*1:『キャストサイズ vol.14』三才ブックス

*2:Trickster Age vol.26』徳間書店