読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

人間の形が壊れることを悲しいと感じる

述語

rdprというidは、好きな色のredとpurpleから取りました。他には金、紺、朱が好きです。ぜんぶ空の色です。

昨年末のヘタミュの記事以降にあったことを書いていきます。作品に触れていない方向けの説明は省略しているので、観ていない方には何の話かわからないかもしれません、すみません。

 

刀ステ再演に行きました

グッズのブロマイドに屋外撮影もあって、あまり見ることのない自然光の下の廣瀬さんも良いものだなあ…としみじみしました。

前々から思っていたのですが、グッズのトレーディング会場で関西のイントネーションの方に「おねえさん」と話しかけられると、言われ慣れなくて「???」ってなります。きょとんとしてごめんなさい…

『勝ち鬨の歌』の振り付けが変わっていて、刀を振りながらゆら…とステップ踏むところがかっこよかった。殺陣は宗三左文字役の佐々木さんと組む時間が増えていて、作品全体としては安全側のアクションという印象だけどそれでもここ二人は勢いあってかっこよかった。(もちろん安全じゃない殺陣なんてあり得ないですけども。)髪が水色とピンクで90年代アニメみたいだった…。不動の投げた石を叩き落とすところも股割りで地に伏せるような感じになってた!

全体的に声の感じが低めというか渋めというかワイルドな感じで、再演だしゲームに寄せるよりは舞台映えを意識してるのかなあ、なんて思いました。「各個撃破と~」は妖美だし「伊達じゃない!」は凶暴だし、そのたびハッとした。

一期一振がくるくると乱舞しているのを観て、この人がまたメサイアコートの裾を翻すのが見たいなあ、なんてフラグを立ててしまっていた。

そして同時期に初めてミュの方を観て、「こっちの本丸は灰暗くない…」と目を見張りました。刀ステ初演の本丸の「リルカは地獄 あたしたちの楽園はどこにもない」*1という雰囲気が結構好きです。

 

純白の仔犬さん


うん…うん?

そういえば、廣瀬さんのこと「コーギーに似てる!」と何度も友人などに言っているのですが、同意してもらったことがない。似てると思うんだけど…

 

A3!最高。

何が最高ってストーリーが面白いところです。真っ向勝負じゃん。

まがりなりにも実際に俳優さんのファンである立場からしたら、少しくらい「は?」と思う描写があるだろう…と身構えていましたが、メインストーリーを読み終えて、そんなものはありませんでした…。最終的に「監督大好き…」ってなった。素でスルースキルとコンプラの鬼なところと、監督の役者評が好きです。

メインストーリーで特に印象に残ったのは、秋組終盤の、千秋楽の筆致です。一生思い出に残るくらいの神懸かりの千秋楽、ってこうだよねえ…と読んでて涙が出るくらい生き生きと描かれてた。テニミュ2ndシーズンルドルフ山吹千秋楽の勇気vs意地とか、ミュージカル薄桜鬼藤堂篇の千秋楽とかを思い出しながら読みました。

廣瀬さんの声を聞くために始めただけなのにこんなに楽しませてもらってよいのだろうか…。フレンドが増えるたびにこれ廣瀬さんだったらどうしよう…と脳裏をよぎります*2。ついては『A3!on stage~summer season~』の開幕を心待ちにしてます。一幕でメインストーリーに感動して、二幕でアラビアンナイトに大笑いして、エンディングの♪を~み~を~み~おっおっお~で公式フラッグ的な何かを振りたい。

ところで「身長低めの声高め、自分のこと平凡だと思ってるけど周りからは凄いと尊敬されてる面があって、みんながピンチのときに決めてくれる主人公」(ダンガンロンパ・苗木誠くんの話をしています)が好きなので、咲也も好きです…

 

メサイア暁乃刻を観ました。

私たち、人間の形が壊れることをなぜ悲しいと感じるのだろう。


ネクロマンサー云々のあらすじが出たときに、これは淮斗はもうこの世にいなくてAI=淮斗なのでは…と思ってはいたのですが、そうなる過程が想像を優に越えてて護と淮斗がメサイアたるゆえんを思い知らされた…二人の卒業の形はこれ一種類だけで、二人にはifもorもなかったと信じたい。

淮斗がサクラになるにあたっての理念は、護が言ってたとおり「これ以上大切な人を失わないために」(紫微の台詞。これ大好き!)なので、AIと統合した淮斗は大切な人を失わないための強大な力を手に入れたんだし、良かったね!理念、守れたね!って私は思えた。みんなの正義の味方を僕が守る、って言ってた淮斗、有言実行。その理念を遂行するうえでどうしても身体が足手まといになる(瀕死になって身体が使いものにならなくなる)なら、淮斗なら捨てるだろうな、と思った。身体が使えなくなる(死ぬ)のは忌まわしいこと、っていうのは結局現状での人類の常識なだけで、淮斗ならきっと常識を越えていく。

とはいえ淮斗も怖かっただろうな…。そして淮斗の意思・人格を身体から取り出すために具体的に何をしたか聞いた護の泣き喚く姿を、決して常識に捕らわれた愚かな姿とは思わないです。

 

「一人の人格を情報として人体から抽出する、抽出された人格がネットワーク上でAIと潰しあう」というオーバーテクノロジーが描かれていたけれど、その発動のきっかけが「護と淮斗の軌跡をテキストで送る」で、何そのヒーローショーにおける\がんばえー/みたいな…ってむしろたぎりました。突然の熱血が入ると脚本の毛利さんに「お前~~」って肩組みたくなる。気安くてすみません。

 

護と淮斗が登場してからのメサイアにおける台詞のリミックス台詞みたいなのがたくさんあってそのたびウッ…となっていましたが、特に嶺二さんの台詞だった「さあ、行こうか」が自分でも驚くくらい涙腺に来ました。

紫微で護に出会った嶺二さんは、護のことを「僕の友達」と言います。公演を観ているときは「嶺二さん友達出来てよかったね…」と思っていたのですが、いま思えば護に友達って言える人なんていたのかな?舞台で描かれていたわけではないので想像になってしまいますが、昔から二人で一つの壊れやすい卵で、護には淮斗以外の友達なんて出来なかったんじゃないでしょうか。自分にも淮斗にも嘘をつき続けていた護に、もう一度向き合うチャンスをくれた嶺二さん。卒業する護の中に“友達”の嶺二さんの言葉が残っているなら、なんて美しいんだろうと思いました。急に嶺二さん嶺二さん言いまくってしまった…間宮ロスと同じくらい嶺二さんも恋しいです。

 

開演前、パンフレットに「キャストコーポレーション」の文字を見て、「やっぱ声の出演あるじゃん…」と「キャスコでの最後のお仕事ってことになるのか…」とで既にクライマックスでした。

舞台上に居なくても、その役の心や想いや表情が見えてくる。

本当にすごいことだと思う。

シリーズものの舞台での廣瀬さんが出なくなって最初の公演は廣瀬さんの不在を観たくて行くんですが、今回は不在のようで不在じゃなかった…という感想です。

 

個人的にメサイアの「ただ生きのびたくてチャーチに逃げ込んだはずの青年達が護国の機構になる」って側面がどうしても苦手なので、今回はその雰囲気が薄めなのもよかった…。

 

こちらのお題。

お題「あなたの推しはどこから?私は○○から」

面白い!出題者様ありがとうございます。

書いてるうちにごちゃごちゃしてきたので、ふたつだけ答えさせてください(半端でごめんなさい)

好きな俳優さんにどんな役をやってもらいたい?

想像力がなくて、全然思い付かないです…
メサイア影青の「黒ずくめの男たちに首を極められて落ちそうになって目が座ってしまう役」には、なるほどこういうのもあるのか!と思った。
あ、リルリルフェアリルに声の出演があったらうれしい!

推し以外に好きな俳優(純粋に気になる、気が向いたら追ってる程度でOK)はいる?

全然追えてはいなくて、気にしてる程度で軽率にお名前をあげさせていただくと

和田琢磨さん

画像検索するだけで滋養強壮や肉体疲労時の栄養補給に効果がある。

平野良さん

私、生まれ変わったら平野くんになりたい。懸賞に応募するときとかのペンネームに「ハマのドルフィン」を使わせていただいてます。

松田凌さん

そろそろ金麦のCMが檀れいさんから降りて来ませんかね?

杉江大志さん

廣瀬さんとの共演が続いた時期に、出演作3つにつき1つくらいのペースで拝見していて、観るたびに「また上手くなってる!」って思ってました。舞台上での殺気がある。

*1:末満健一氏脚本・演出『ステーシーズ 少女再殺歌劇』劇中歌「リルカは地獄― ステーシー聖歌隊斉唱―」より

*2:どうもしない。フラワーを贈る。