読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

はいいぞ。を見てください。

述語

ヘタミュからのファンの方のビューが、結構あるように感じていてうれしいです。
見たもの、考えたことを記録に残す習慣は元々あまりなかったのですが、
未来に廣瀬さんを好きになる人が読むものが、インターネットにあると(無いよりは)いいかな?と思って始めたブログです。

これまでのご出演作でDVDが出ているものについて、僭越ながら記事を書きたい欲も出てきました。
ということで、以下、「見てください編」です。

極上文学「ドグラ・マグラ

■6th< Dogra Magra > - MAG.net 公式サイト
ビジュアルがめっちゃ好きです(身も蓋もない)。
震える声、瞳、揺れる身体、すべて美しいです。見てください
ヘタミュで日本役だった植田さんがヒロイン役です。

ミュージカル「テニスの王子様」青学vs立海

ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト | ミュージカル『テニスの王子様』青学vs立海 | 公演詳細
シリーズ作品であり、複数公演に出演されている中で、メイン校ではなくゲスト校出演のこちらを選んだのは、これが最後の本公演出演で、特典映像に千秋楽のバックステージ映像が収録されているからです。
千秋楽の舞台袖で、ステージに背を向けてセットに腰掛け、俯いている姿は、彼がテニミュにもらったもの、そしてテニミュに与えたものの重さを感じさせます。かなりの凄味ですので、見てください
同じディスクに収録の全景映像で、カーテンコールでの三方礼からの最敬礼も見てください

ミュージカル「薄桜鬼」 土方歳三

ミュージカル『薄桜鬼』土方歳三 篇 ~ 2013年10月 日本青年館 大ホールにて上演
同じくシリーズ作品の中からこの公演を選んだのは、バックステージ映像のためです。
千秋楽、開演直前の舞台裏で、鏡の前に立って衣装を整えている。落ち着かない様子に見える。でも身支度が済んで、ふっと目線を上に上げて、また正面に戻しながら鏡に映る自分に笑いかけると、もう、顔が沖田総司になってるんですよ。この10数秒を見てください

銀河英雄伝説 第四章 激突前夜

舞台 銀河英雄伝説 | 第四章 前篇 激突前夜 オフィシャルサイト
この人は本当の本当の本当にすごいぞ、と思った作品です。見てください
台詞だけじゃなく、指の動きや歩き方で、役の性格も感情も見せている。今はどの作品でも当たり前にやっていらっしゃるように思うけど、このときに「やばい、すごい」と、私は思いました。
収録回ではないのですが、めずらしく台詞が出てこなくなってしまったときがあって、そのとき西岡徳馬さんが喝をいれるように次の台詞を言って、その後は集中力で完全にリカバリーしたのも印象に残ってます。あのときの空気すごかったなあ。

グラフィティ!!

映画『グラフィティ!!』
オリジナル作品。原作モノのご出演が多いのでめずらしい感じがする。
お話がわかりやすくきれいにまとまっているので、安心して見てください。クレジット順が一番上だけあって、出てる時間も長いです。
立ちしょんと金属バットと札束と喫煙があります。見てください



以上でございました。
ママと僕たちメンバーとして出ている「勝手に!ドルフェス2013」とか、メサイアシリーズとか、他にも色々とDVDで残っています。本当に幸せなことです。
ドルフェスでは、ママ僕本公演で出てなかった曲を当たり前のように踊ってて、さすがです。当日は薄ミュマチネ青年館からのドルフェス2部品川ステラボールでした。

次に「いいぞ編」としまして、今となっては懐かしいエピソード集を書く…?書くかな…?
ニコニコ動画は怖くて登録できない事件、カテコでキャッキャッと手を振りながら降りてくる緞帳より前に出る事件、ピカチュウの皮事件、左手薬指の指輪事件、仮想双子の件、日本の首都ってどこっすか事件、健斗君に俺を紹介してください事件、飼っている犬の名付け親がテニミュ・薄ミュの振付の先生の件、高校の最寄り駅を○×クイズで出題してくる事件、ふたなり事件、誕生日ケーキに号泣事件、ピカチュウの皮リターンズ事件、等々を予定しております…?笑