読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

しっぽのなかまたち4

エントリ順と公演順が合いませんがアップします。

しっぽのなかまたち4

オムニバス形式の3作品中、2作に出演。
あらすじはこちらから。
http://dogtocat.exblog.jp/24779312/

【別れ話】

夫婦が飼っている猫の役。飼い犬は川原一馬さん。なかなか仲良しの犬と猫(二人とも付け耳)ですが、仲良くないのは夫婦の方で、冒頭から口論。「こういう喧嘩がもう嫌だから離婚するって決めたの。」夫と妻どっちについていくか、相談する犬と猫。
ご主人様にあの子は私のことそんなに好きじゃないみたい、と言われて慌てる猫「早く帰ってこないかなって、いつも考えてるよ」「僕たち猫が足にすりすりするのは好きっていう意思表示だよ」かわいい、特別にかわいい。
石田晴香さんが妻役だったのですが、ひとつ前のお話のやんちゃな猫の役と全然雰囲気が違って、最後に全員出てくるまで女性は二人出演してると思ってました…。すごい。
あと、ステージの端と端で言い合う夫婦を、犬と猫がステージの真ん中に座って、喋ってる方にぶん!ぶん!って顔を向けて話を聞いている様が、とても六角ベンチでした。

【犬の大学】

学生服風の衣装だったのですが、お仕着せは裾が足りずに、強制クロップド状態になりがち。
保健所か何かに収容されている犬の役。今度自分たちを見に来る人間に見初められ、また飼い犬として暮らすのが夢。人間に気に入られるためにはどうしたら良いかを、主(ぬし)的な存在の猫(中村龍介さん)から一生懸命学ぶ犬たち。しかしその猫はもうずいぶん前に亡くなっている、猫の霊なのでしたというオチ。
中村さんと化け猫の親和性が半端じゃない。
人に好かれるための無駄吠えをやめる特訓で、ほかの犬(染谷俊之さん)にワンワン、と吠えられると、思わず胸ぐらを掴んで吠え返してしまう。ここもちょっと、「僕を殺す気か!」(メサイアのワンシーン)を思い浮かべてしまいました。
客席も交えての大玉転がし?コーナーでは、なぜか絶叫。絶叫につぐ絶叫。天空旅団ばりの絶叫。
叫んでいるだけなのにボールが回ってくる。つよい。
絶叫との因果関係はわかりませんが、8/18収録のWEB番組では喉の安静のため筆談。おいたわしや…