読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

ラブ・チェイス!

述語

花代お姉さまに、中華の取り分け方を指導してもらう廣瀬くん笑
真剣に取り分けすぎて腰を痛めてました笑

キャストのみんなと|綿引さやかのBLOG

どういうことなの!

ラブ・チェイス!2014/4/19~21

今回は大オチ分かりました。

最初にスクリーンに字幕で「ハニエルが先に人間界に行っている」って出るのを、紫吹さんの脚見てたから見逃してたんですよね…。

ダンスのあれがいい!これがいい!

を言い出すときりがなくなってしまうので、一幕冒頭のミュージカルっぽい(演技の入った)ダンスと、二幕のペアダンスが特に印象に残りました、とだけ。
一幕冒頭はいかにもミュージカルなナンバーで、心の底からパワーをぶつけるようにダイナミックに泣いて笑ってと忙しく踊っているのが、今まで見たことなかったなって新鮮でした。クールな役が多かったですからね。大道具の移動をしてたのも「下働きしてる…!若手だ…!」と妙に新鮮でした。
二幕のペアダンスは形の美しさはもちろんなんですけど、相手の女性を見る目が優しく愛情に満ちて、すごかったです。なんのために踊っているのか、を表情で完全に表現していました。王子様です。しかし脚がスマートなため踊っているうちにブーツが落ちてきてしまうのは、名古屋大阪では改善されてたんでしょうか…。

演技の見せ場は

やはり二幕のライサンダー(小野田さん)とハーミア(綿引さん)が駆け落ちしてしまうところかと思います。
ハーミアが「愛しています」と歌うときの期待と優しさに満ちた微笑み。続けて「ライサンダーを」と歌ったときの床が抜けて無重力状態になったみたいな宙吊りの、呆気にとられてなお残る笑顔の名残。だんだんと熱意が湧いて「許さないぞ」と言うんですが、その声も優しいディミトリアスらしく、臆病なティミッドらしく、澄んでいる。
すごく良かったと思いました。

ディミトリアス

役をやるの、二度めですね?