述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

末永く

突然のご報告ではありますが、お世話になってきたキャストコーポレーションを1月31日をもって離れることになり、新しく2月1日より声優の方が多く所属するケッケコーポレーションにお世話になることになりました。

 
デビューした頃から憧れていた声のお仕事。
皆様に声のお仕事をしたいとお話したことはなかったと思いますが、実はずっと相談し続けておりました。

 

ということです。

 

 

 

 

(深呼吸)

 

 

 

印象に残っていることがあります。

2014年にあった松田凌さんとのイベントにて、トークの中で「今後の夢は?」という質問がありました。

松田さんが「(ブルーリボンみたいな)賞をとりたい」と答えました。そのあとに、廣瀬さんは「ずっと俳優を続けたい」と答えたんです。言い回しがこの通りだったかは自信がないです…すみません。

とても真剣にそれを口にされたので、そのときの廣瀬さんの顔を今も覚えています。

 

今回のこともきっと、これから長く俳優を続けていくための選択なんだと思いました。

 

かっこいいなあ。

 

だんだん、誰にも似てない人になっていくなあ、と感じています。

 

 

人気のシリーズものの舞台作品に複数出演していて、なんだか感じのいい事務所にいて、それでも自分で考えてそこから先に進む決意をして、それを支えてくれる人が周りにいて、ファンにもきちんとした言葉で伝えてくれる。

普通にめちゃくちゃかっこいいです。

そのお知らせツイートが16,000リツイート、関連したマネージャーさんのツイートが5,000リツイートを越えてて驚きました。注目されてるんだなあ…

 

舞台・映像と声優のお仕事との今後の比重はまだわからないけれど、きっと日頃劇場に足を運んでくれる全ての人に気を配って、ブログには「表舞台への出演も少なくなるかもしれません」と書いたんだと思うのです。でもそう言われると「少なくなるのかあ…かなしい」となるのがファン心理で。

そこを「皆さまの前に出る仕事に変わりはありません」とフォローしてくれる敏腕マネージャーさん、本当にありがたい人だ。最後の1ヶ月で完売ブロマイドの再販をしてくれるのもありがたすぎる。

メサイアシリーズの新作に出ないことが発表になったのが2016年の6月なので、このときには何らか方向性は決まってたのかな、などと考えるんですが、ただの想像でしかありません。でも、あの倒産してしまった事務所から廣瀬さんが移籍してきて、1年前後でそこまで話が進んでたってすごいなあ、愛と信頼だなあ…と思うわけです。(再度:ただの想像でしかありません。)

 

そして、今回みたいな今後の方向性のことや、もっと単純に次の出演作のこととかを、ほぼ年単位で黙ってなきゃいけないのって本当に大変だね…と改めて思いました。俳優のみなさん、ちゃんと黙ってて偉いですね。*1

 

「これからも変わらず応援しています」

決して簡単な言葉じゃないはずのに、廣瀬さんのことだから、簡単に言えます。

私は廣瀬さんをこれからも変わらず応援しています。

なんにも心配はしていません。おめでとう。末永く応援しています。

 

最後に私が学習したことをお伝えします。普段お仕事が途切れない俳優さんにしばらく新しいお知らせがなくて、しかも続き物の新作に他の出演者はみんな出るのに一人だけ出なかったら、それは事務所移籍のフラグです。

ママと僕たちの再演に一人だけ出ないとか、メサイアの新作に一人だけ出ないのはそういう意味ですので、知識としてご活用ください。こちらからは以上です

 

 

*1:今年3月の赤澤燈さんのバースデーイベントに黒羽麻璃央さんからビデオレターが来ていて、ゲストの廣瀬さんに「最近まりおと会ってるの?」と聞かれた赤澤さんは「会ってるけどまだ言っていいやつかわかんない」と答えてた。7ヶ月後、ドラマ『男水!』関連だったとやっと判明

はてなブロググループのこと

現在こちらのグループの管理人をしております。

ジャニーズのファンにははてなダイアリー時代から続くはてな文化があって面白い、若手俳優のファンにもはてなブロガーが増えたら面白いだろう、と思って作ったグループです。作成から2年以上経ちました。


昨年、参加ブログ数が3桁になりました。

参加ブログが増えていることがうれしく、参加されているみなさんの記事はいつも読ませていただいてます。

ブレイクスルーは「若手俳優応援スタンス」記事が流行ったことです。あの時期は毎日のように新規ブログ参加通知が来てました。自分のスタンスについて書きたいのでブログを立ち上げた、という方も複数見ました。

正直なところ、私は若手俳優とその出演作について書くためのグループを作ったつもりなので、若手俳優のファンについて書く方が増えたことに違和感がありました。ファンについての記事は別のグループを立ち上げてそっちでやってください、と呼び掛けようかとも悩みました。

けれど、せっかく集まっていただいているのでこのグループを使っていただくことに決め、現在もグループを続けています。私の意図よりも、100を超えるブログが参加している現状を優先させたいと思いました。

参加ブログにおいて、どの俳優さんについて書いているのか明記しない方が多数派なのも驚いています。せっかくSEOの強いはてなブログを使っているのだから、明記した方がインターネットに書いている意味がある、というのが私の考えです。(私の考えなので、グループに参加されている方に明記を推奨も要望もしません。)

 

推してる俳優以外の俳優には興味がないけど、推してる俳優以外を推してる人には同じ「推してる人」同士として興味がある、というのが時代の気分なのかなと感じています。

ともあれ今後もグループは続いていきますので、大したことはしていない管理人ですが、関係のある方はよろしくお願いします。

イケメン役者育成ゲーム『A3!( エースリー)』を気にしてます

廣瀬さんが声を担当するキャラクタのユニットテーマ曲が公開されました。

youtu.be

めちゃ いい~

こういうふわっとした声、ひさしぶり~ かわいい~ さんかくさんかく~~

 

リリース前のゲームですが よくB'sLOGというゲーム誌で紹介されていて、ほうほう…と読んでいます。そしたら記事内に廣瀬さんのインタビューが載ってた。公式からお知らせされてなかったので、見つけられてよかった。

こういうスマホアプリのゲームには門外漢なので、どういう態度で取り組めば(どういう風に時間と費用をかければ)いいのか、やってみないとわからないな…という思いですが、とりあえず曲がめちゃ いい~

曲がめちゃ いい~だし、ライブイベントとか舞台化…とかあるかなあと今から考えてしまいます。舞台化されても声の俳優さんが演じるとは限らないが…廣瀬さんのキャラ、特技アクロバットだし、人を選びそう。

 廣瀬さんは以前にアメスタで声のお仕事がしたいとお話されたことがあったし、なんだか現在は未来に繋がっていくなあ。

最初に発表になったときはイケメン役者育成ゲームというフレーズに面食らったのですが、「アプリゲーのcv.」という若手俳優おっかけビンゴのマスは楽しい埋まり方をしそうです、という話でした。

 

個性豊かな劇団員たちを育成しよう♪イケメン役者育成ゲーム『A3!( エースリー)』

www.a3-liber.jp