述語

主語は俳優の廣瀬大介さんです

ミュージカル ヘタリア~The Great World~

テニミュ以外の廣瀬さんご出演作品チラシを入れているファイルが埋まりました。(テニミュは別綴) 
f:id:rdpr:20161204145124j:image

最後のページには今回会場でもらった刀ステ再演のチラシ。見てのとおりザクザク入れてるのでページ数イコール公演数ではないですが、とにかく埋まりました。
f:id:rdpr:20161204145207j:image
感激。

同時に、ご出演作品のパンフレットを入れてる収納スペースも埋まってしまいました。新しい場所を考えないとな~。

 

The great one

一つの国を一つのキャラクタに落とし込むなんて、土台無理な話だと思うんですよ。 一つの国には時代があって、地域があって、驕慢も連帯も、栄光も挫折も孕んでいる。それを一人に詰め込んだら、わかりやすい一貫した登場人物像なんて築きようがない。でもその「土台無理」をやってしまうのがヘタミュでした。

そうやってなんだか色々なものを詰め込まれたイギリスさんは喜怒哀楽に満ちて、その感情が廣瀬さんの身体から表現されて、伝わる。

ずっと見てたかったけど、見ててとっても疲れた…やってる方はどれだけ疲れるんだろうな。

 

シリーズ2作目として攻めてるなと思ったのは、前作で垣間見えた「その俳優が演じるからこそのキャラクタ観」が脚本レベルで入れ込まれてることです。

たとえばロシアが寒いギャグを言うキャラとして描かれていて、そのギャグで寒波が起きて大航海時代に繋がったり、海流が変わり海戦の勝者が決まったりするなど、ストーリーに直接影響する要素になっている。イギリスさんはロックキャラで、一番の見せ場の台詞も「ロックパンチ」。周りからあいつの突っ込みがないのはおかしいと言われる、勢いのあるキャラクタ。

2.5次元って言葉はどんどんメジャーになっていくけれど、原作と俳優のあわいを意識して作品に取り込んでいるのは、まだ多くないんじゃないかと思いました。攻めてる~。

でも「他の人の出番の間に裏で衣装を変えた」って台詞や、劇中の演出家からのコメントは好きじゃないです。自分がメタ表現にナイーブなのは知ってたけど、元々原作を好きだった舞台じゃなくてもダメなんだな…知らなかった…

 

Two for the show

大航海時代から1900年までのストーリーで、アメリカ独立戦争前後の米英関係(兄弟になぞらえて語られる)がメインテーマ。

小型船で大艦船に挑んで勝利するなんてドラマティックだなーとか、紅茶を投げ捨てるってどういう展開笑とか思っていたら、どっちも史実でした…。(アルマダ海戦ボストン茶会事件

艦船に見立てたフォーメーションを組むアンサンブルの真ん中にスペイン、対するイギリスは回転する舞台に逆らって進み続ける様子がまるで海流に抗う海賊船みたい。この演出好きでした。

初日、台詞に必死だったのか舞台と一緒に回転して流されてったけど…アンサンブルの人がさりげなく押さえていてくれたけど…。私は千秋楽と同じくらい初日が観たいんですが、理由のひとつに初日の緊張に飲まれそうな廣瀬さんもまた美しいからというのがあります。

冗談めかして独立の意思を口にしたアメリカに、それまで一緒にふざけていたイギリスが急に冷えきった態度で「今なんつった?」と聞き返すシーン。客席まで一気に凍りついた…現役とはこのことか…。それも日を追うごとに掛け合いが洗練されてある程度の型が生まれて、見ている方も複数回目なら「来るぞ来るぞ」と構えていて、やっぱ初日の冷え込みは格別…でした。

 

かっこいい~ってなったシーン

がありすぎて大変なんですが(出番も曲数も多いため)。

さりげない台詞も表情が丁寧でかっこいい…胡椒を食べて「舌にロックを感じるぜ」とか…。ライバルの国に向けて歌うとき、セットに腰掛けて人差し指を振る仕草とかもよかった。

宿敵に投げキスするところとか、アメリカの差し出した手の上に乗って(!)くるっと一周回転するところとか、客席からキャーッと声が上がっているときもありました。

今回はよく劇中に涙があふれてた。めずらしいなーとこっちもうるうるしましたが、自分のパートは抜かりなく歌えたり、カーテンコールではもう涙が引いたりしてるところがほんとにくい笑。

 

物語のクライマックス、男と男の拳の語り合いが始まる流れなのに、しょっぱな相手の顔面に蹴りを入れるイギリスさんが、マジかよ…!という感じで最高でした…。語り合いがない!潰す気しかない!

この乱闘シーンでネクタイが飛び出してしまい、決着がついてから背中を向けて直す様子がすごい好きだったんですが、東京後半には既に飛び出さなくなってた。ネクタイ、安全ピンで留めてもらったのかな…

「栄光と挫折が(中略)俺を形成している!」という台詞は、見ていて涙が出ました。悲しいわけでも切ないわけでもなく、ただ言葉の、感情の、エネルギーが胸に伝わって、エネルギーは胸から目に抜けて涙になった。あの場面に、廣瀬さんがこの役をやったことの意味があった。

そのあと拳を振り上げて、でも殴れなくて、痛ましい叫びをあげているときの首が赤かったな。廣瀬さんって汗をかかないイメージがあって、だからこそあんなに紅潮してるのは鮮明に脳裏に焼き付いた。

公演パンフレットで寿里さんが「(廣瀬さんは)愛情を人に伝わるエネルギーに変えて芝居で出している」という事を言っていて、なんだか感動しました…。それは人によって言葉だったり音楽だったりして、廣瀬さんの場合はお芝居だった、のか。

余談ですが廣瀬さんのサインの横に付いてる猫のイラスト(ニャー)、今年は省略されることもありましたが、あれ寿里さんのアドバイスなんですよね…。とあるサイトの企画でほぼ初めてサインを書くような廣瀬さんに「だいにゃんだから猫を描いたら?」って。あの頃はこんなに共演する未来なんて想像もできなかった。

乱闘シーンの最後に相手を抱きしめるんですが、その抱きしめ方が毎回同じじゃなかったのが印象的でした。相手の頭を抱えるときもあれば、肩に顔を寄せるときもあり。あまり決めすぎずに、その時々の感情で動いてるのかなーと思いました。

ミュージカル薄桜鬼沖田篇の千秋楽、相手を抱きしめるシーンで急に相手と顔を近付けて額を合わせてたのを思い出しました。あれもエモーショナルですごいよかった。

 

( 思い出話が多くなってしまった)

 

 大千秋楽

記録(セルDVD)に残らないかもしれない大千秋楽のこと

大阪最終日、喉のコンディションがいつもと違って、台詞は問題ない(強いて言えばハスキーかな?くらい)んだけど歌になると高音が出づらいようで、アルマダ海戦の曲のサビでイギリスパート(高音)とアンサンブルパート(低音)を入れ替えて歌っていたように聞こえました。音楽に鈍いので違うかも…。

その日だけキーを下げるのは確かに難しそうだけど、アンサンブルとメインでパートを入れ替えるとかそういうのアリなんだ~と驚いたです。

大千秋楽ではアルマダ海戦の、一番音程が高くなる所を歌わずに「(雨が)降り注ぐ!!」って叫んでました。それが超かっこよくてビクッてなりました笑。私の視界で同じくビクッてなってる方が二人いた。

すごいな。声が出ないかもしれないところを見せ場にしてしまってた。

そもそも声を枯らさないようにしましょうという話なのは重々承知してますが、ピンチにこそかっこつける人だ~!というのを久々に見せてもらいました。 

他の曲でも、「(俺なんか)誰も待ってない」という歌詞を、歌わずにかすれた声の呟きに変更していてすごく雰囲気が良かった。二人で歌う曲を一部ソロに変えていたのもありましたが、その一人で歌うきっかけとしてイギリスがアメリカを指さすみたいな振り付けを大千秋楽だけやってて、お兄さんたちデキる男ですねという気持ちになった。

なんかすごいですよね?ああいうの誰が考えるんだろう(素朴な感動)

世界会議中にアメリカが急に生のトマトを投げつけて一時騒然としたあとも、いったんトマトを拾った人がいて、その人が組体操するときは両手が空いてないといけないから他の人がトマトを受け取って…とか自然にやってて、すごいなと思いました。(素朴な感動そのに) 

 

マチネのカーテンコールでは、アメリカ役の磯貝さんが「(廣瀬さんに)生活面でお世話になっている」と話し、その日の朝会ったときに磯貝さんが開口一番「昨日はお酒飲んでないよ!」と廣瀬さんに自己申告してきて、廣瀬さんは「俺、何も聞いてないのに笑」と苦笑していたというエピソードが聞けました。

ソワレでは、磯貝さんが座長の長江さんに「そういうの(劇中歌の歌詞になぞらえた挨拶)よくやるよね~。もっと18歳らしいの見たいな~。」と絡みはじめてざわざわしてたところに、廣瀬さんの一声ですぐ止めて定位置に戻る磯貝さんがおもしろかった。

二人おもしろいな…志村けんのだいじょうぶだぁでやってた芸者コント、二人でやってほしい。

 

カーテンコールが本編からそのまま繋がる形で1回だけなので、大千秋楽もスタンディングオベーションのタイミングが難しいな?と思ってましたが、実際にはキャストのみなさんが並んで最後の一礼をしている間に同時多発的に一斉に立ち上がり、顔を上げたキャストのみなさんが本気でびっくりしてたので、よかったです!立ち上がるのにガタガタ音がしていると思うけど、拍手の音でバレないものだ。

千秋楽おめでとうございました。

大正浪漫探偵譚~君影色の設計書~

2016年7月の公演です。

 

演じる南澤謙は、映像記憶能力の持ち主。

事前に発表されていたキャラクタビジュアルは丸眼鏡に袴の書生風でとっても雰囲気がよくて、事件解決に南澤の特殊能力がどう寄与するのか、楽しみに思ってました。普通は見逃してしまうような風景に、実は凶器や犯人につながる証拠が残っていた~みたいなの。

 

公式ホームページに 「密度の濃いスピード感あふれる推理舞台」とありましたが、時間あたりの台詞量が多い。

パンフレットでご本人が「台詞が多くてうれしい」とおっしゃってました。私もうれしい!

その最たるところが、犯人の残した暗号解読の鍵となる元素記号の暗唱シーン。 背景のスクリーンに正解の元素記号が映し出されてるので間違ったら分かってしまう。鬼!でも息継ぎの間も惜しいくらいに一気にまくし立てる様は見物でした。廣瀬さんthe鬼ころし

しかし映像記憶が事件解決につながるシーンを楽しみにしていただけに、元素記号の暗唱って脚本はかなり残念でした。それ特殊能力なくても出来る事だ…。

キャパ200人台の劇場で、客席の目の高さがちょうどステージに立つ人の足元あたりになるからか、草履の足元を見ていた記憶があります…。あと動き回っているうちに結び目が腰の真横に回ってしまうほど袴が捩れていて、袴が回るってどれだけ細いんだと思ったりしました。

 

公演期間後半は声が枯れ気味で、なんとか千秋楽までやり遂げたという印象でしたが、でもその事にマネージャーさん含めてSNS等で触れない姿勢は良いなあとしみじみしました。

声が普段通りに使えない分、表情や仕草が丁寧に表現されているように感じて、私は見入ってしまいました。でも、そういう部分がどんなに良くても、人に感想を聞かれたら一言目は「声がね…」になってしまうのも、事実です。

 

あと演出に関して、私も素人ではありますが、たとえば怒っている人がいたら、その人に当てる照明が変化するとか、周りの人間が怯えて見せるとか、音楽が流れる/消えるとか、それが演劇、演出だと思っていました。この作品は怒っている人はその場でずっと怒っていたので、素直に「うるさいな」と思いました。

南澤、北早(北村諒さんの役)がどういう人物なのかという演出も不足に感じました。名探偵の助手二人というおいしい設定なのに、二人がお互いをどう評価し、どう感じているか、見えなかった。

 

いつかのカーテンコールで、段取りを違えて三方礼を途中でやめてしまって、周りに合わせて慌てて最後の一礼に戻ったあと、「私事ですがさっき裏で鼻血が出てしまって動揺していて…今は大丈夫です」と話されてました。鼻血のエピソードたまに出てくるな…。

初めてライビュというものに行った

あんさんぶるスターズ!on stage ライブビューイング
開演数分前、スクリーンに会場の様子が映し出された。映画館に集まっていた人たちから、わあっとため息が漏れた。
カメラは客席後方センター、ちょうど座席に座ったときの目線の高さくらい。
 
私の好きな劇場という空間は、離れたところで観てもこんなに素敵なのかと思った。
スクリーンいっぱいに拡がるステージは、薄明かりの中でこれから始まることを待ってじっと息を潜めている。
千秋楽開演前の客席の、ざわざわ。実際に劇場にいるときも浮遊感があって大好きだけど、別の場所で聞くと夢みたいだった。期待と、もう終わってしまうという切なさと、通っている人たちの初日から今日までの疲れとが折り重なった、大好きなざわざわ。
 
開演してからも、劇場は本当に素敵だった。客席にキャストが降りてきてざわめく人たち。口に手をあててじっと見つめる人。どうしようもなく笑顔になってしまう人。
なんて楽しそうなんだろう。なんてかわいいんだろう。
 
私は、できるだけ「行きたい=行く」にしたいので、会場に行きたいけど行けないから代わりにライビュに行く、っていう使い方はこれまで出来なかった。多分これからもしない。
でもこの界隈の作品が増えてきた中で、観られたら観てもいいな~っていう作品のライビュに行く、っていう使い方は出来そう。今回とても楽しかった。
 
キャストコーポレーション様に思い入れのある者として、山中兄弟に双子役のお仕事が来たのがすごくうれしかった…。真剣にペンライトを振ってしまった。いつかのイベントのときは、物販列の整理などしてくれてありがとう。